好きな漫画やその他いろいろについて書いているブログ

好きな漫画、たまに音楽、文学。てきとうにつらつらと書いているブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Al Di Meola/Tour De Force Live

ツアー・デ・フォース・ライヴツアー・デ・フォース・ライヴ
(2009/08/26)
アル・ディ・メオラ

商品詳細を見る


アル・ディ・メオラの名ライブ盤。
まずメンバーが強烈。

キーボードがヤン・ハマー
ヤン・ハマーと言えば、キーボードでギターのような音を出す、ギター殺し
フレーズもギターライクなものを弾くので、本当にギターなのかと思うときがたまにある。
今回も自重せずにギター殺しを敢行

ドラムはスティーヴガッド
現在のいぶし銀のようなプレイではなく、若かりし頃の手数多めのガッド様が見れますよ。

パーカッションはミンゴルイス
躍動感溢れるパーカッションプレイを披露している影の立役者。

そしてベース、、、、、Anthony Jackson!!
来ましたよアンソニー。このアルバムでは特にピック弾きで弾いており、ソリッドなサウンドのピック弾きアンソニーが聴けます。また超絶的なユニゾンも聴けて、、、、お腹いっぱいです


そして最後にギター、、、は当然アル・ディメオラ
ディメオラといえば、その超絶的な速弾きテクにより、ロックギタリストに多大なる影響を与えました。
でもそんなディメオラ様はロックギタリストに対して「ペンタしか使わなくてつまらん」と一蹴。
一言言わせてもらうと、あなたも言うほど複雑なフレーズは使っていません




さて本作品ですが、これほどのメンバーを集めておいて駄作なわけがありません

まずベーシストとしてはアンソニーのプレイに注目しておきたいところ。この作品のアンソニーは全編ピック弾きでかなり芯のあるソリッドな音を出しています。リズムもかなりタイト。フランジャーも多用しており、ピック弾きのアンソニーを研究するならこのアルバムかと思います。M5.ではかなり速いフレーズをユニゾンしており、アンソニーのピック弾きテクニックが十分に堪能できます。

ただし、ヤンハマーの貢献度も無視できない。
ヤンハマーという突出したソリストがいることにより、ディメオラのギターがさらに引き立てられている。
Jeff Beckなどもヤンハマーと共演している時が、もっともクリエイティヴになると言っていますが、ヤンのキーボードスタイルはギタリストを燃えさせるのでしょうか
本作品でもヤンハマーとアルディメオラのソロ対決が随所で聴けます。
ヤンハマーのキーボードは下手するとギターを食いかねないので、ギタリストからするとやはり必死になるのでしょう。


おすすめの曲はやはりM5の「Race With Devil On Spanish Highway」。
ロックテイストの曲であり、かなりかっこいい。


本作品はロックファンにも非常に聴きやすいものとなっています。
アルのギタースタイルもロックっぽい部分が多いですしね。

しかし、上の解説、、、、ほとんどディメオラの話しなかったな、、、
スポンサーサイト

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。