好きな漫画やその他いろいろについて書いているブログ

好きな漫画、たまに音楽、文学。てきとうにつらつらと書いているブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tower Of Power/Live

LiveLive
(1999/08/23)
Tower Of Power

商品詳細を見る


TOPのライブ。やはりファンクバンドはライブで聴くべし!!相変わらずのお気楽の雰囲気でとにかく「ファンクって最高だな!」という気分にさせられる。そしてやはりTOPのサウンドを支えるのはロッコとガリバルディのコンビ。もちろんタイトなホーン隊にも注目。

M1.TOPの名曲 「Soul With A Capital 'S'」。バスドラ多めのドラムパターン、そこにのっぺりと絡んでいくロッコのベース。プクプクとしたミュート音でTOP独自のサウンドをロッコが作り上げます。注目は2サビ後の2:13あたりで聴かれるロッコのフレーズ。それまではずっと同パターンを引き続けていたのを、高音部までいくフレーズで違いを出す。ニクイ!!3:40から始まるメロも今までのパターンを大きく変えてのベースライン。4:05からOakland Strokeを挿入する部分でロッコが大きくフィーチャーされる。16分埋め尽くして高音まで昇っていく様子はめちゃくちゃにかっこいい!!

M2.「I Like Your Style」。ミドルテンポでポップな曲。相変わらずロッコは16分を埋め尽くして裏でプクプクさせている。非常に聴きやすい曲なのでおすすめだが、プレイ的には落ち着いているといえる。

M3.「Soul Vaccination」。泥臭い曲で、ロッコもかなりねちっこく弾いている。比較的すっきりした弾き方をしていた前2曲と聴き比べてみると面白い。ホーンアンサンブルにも注目。

M6.「Souled Out」。モダンな雰囲気漂う、TOPにしては現代的な曲調。個人的には1:43のロッコのフレーズがツボ。ロッコはワングルーヴの演奏でいきなりパターンから外して手数を増やして演奏することがあるのだが、これがまたかっこいい!!そしてこの手法をあまり多用しないから、また効果的!!1曲に1回くらいしかやらないからその部分が非常に印象に残るのである。

M7.「Diggin' On James Brown」。またまた泥臭い曲。2小節のベースパターンで、2小節目に毎回ロッコの16分が炸裂します。ちなみにこの曲の注目は2:08のロッコの高音フレーズ。それまでずっと高音にいっていなかったのを急に行くもんだから、耳をひく。

M13.「What Is Hip」。ロッコといえばこの曲と言っても過言ではない。現に非常に多くのベーシストがこの曲をカバーしている。ロッコの16分に埋め尽くされている曲。ルート弾きが演出する倦怠感。う〜ん絶妙、、、

M15.「So I Got To Groove」。高音にスライドしていくベースラインが非常に印象的。Bメロのキメでのガリバルディのバスドラとの合いかたが素晴らしい!!まるで音階をもっとバスドラ。
スポンサーサイト

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yukikiki377.blog.fc2.com/tb.php/39-bf8cfbfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【Tower Of Power/Live】

Live(1999/08/23)Tower Of Power商品詳細を見るTOPのライブ。やはりファンクバンドはライブで聴くべし!!相変わらずのお気楽の雰囲気でとにかく「ファンクって最高だな!」という気分にさせら...

  • 2012/05/08(火) 14:29:45 |
  • まとめwoネタ速neo

まとめ【Tower Of Power/Live】

Live(1999/08/23)Tower Of Power商品詳細を見るTOPのライブ。やはりファンクバンドはライブで聴くべし!!

  • 2012/10/28(日) 23:11:30 |
  • まっとめBLOG速報

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。