好きな漫画やその他いろいろについて書いているブログ

好きな漫画、たまに音楽、文学。てきとうにつらつらと書いているブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンヴィル!〜夢を諦めきれない男たち〜

アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~(初回生産限定盤) [DVD]アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~(初回生産限定盤) [DVD]
(2010/04/14)
アンヴィル

商品詳細を見る


【ネタバレあり】

その名の通り、「夢を諦めきれない男たち」の物語!!
バンドマンは必見


「音楽家」という言葉はかっこいいが、実際売れなければただの人です。
いや、むしろ「ただの人以下」の扱いをされます。


一見華やかな世界に見える。スタジアムでライブをするとなると何万人の前で演奏して。。。。。
いろんな人から羨望の眼差しで見られる。


しかし一方で、いい歳したおっさんが売れてもいないのにいつまでも夢を諦めずにバンドを続けていたら、あなただったらどう思いますか?
馬鹿みたいと思うのではないでしょうか?
そのくせ成功したら手のひらを返して、称賛されるのだ。それがバンドマン。


バンドマンはこの屈辱・コンプレックスを抱えながら、ずっと音楽を続けていくのである!!


今では有名なスガシカオさんも昔は極貧生活を過ごしていた。その間、周りの目も厳しいものがあったでしょう。
だがしかし!!!
それでも表現してぇことがあるから音楽を続けるんだ!!

665_large.jpg

人の夢は!!!終わらねぇ!!!!



そんな熱い想いにさせられドキュメンタリー映画なんです。
バンドマンは続けていけば続けていくほど、周りの目はどんどん厳しくなっていく。
「まだそんなことやってるの?」
「いい大人なんだからいい加減諦めなよ。。。みっともない」



このドキュメンタリーの主人公、ANVILもそんなバンドの一つです。
なんと30年以上もバンド活動を続けている。

”パワーメタルの父”とも呼ばれ、
数々のミュージシャンから「衝撃だった。絶対に売れると思った」とまで言われながらも、結局売れなかったバンドである。

私自身、ANVILを知ったのはこの映画。メタルはもう聞かなくなったので、音楽性についてもあまり語れない。

しかし、ともかく「絶対売れる」と言われ、シーンに衝撃を与えたにも関わらず、
30年経ってもライブで集められるのは100人程度。

普通だったら音楽やめています。


ANVILの中心メンバーはボーカル・ギターのリップスとドラマーのロブ。
音楽で生計は立てられないから、アルバイトみたいなことをしながら、低収入で生活をしている。
低収入にも関わらず、音楽だけはいつまでもやめない。


何が彼らをそこまで駆り立てるのか?
それは、忘れられないからだ。以前、BON JOVIやWHITESNAKE、Scorpionsなどの大物バンド達と並んで、日本の大観衆の前で演奏したあの感覚が。

その感覚をまた味わいたいから。ただそれだけのために、30年間、貧しい生活の中で、夢を諦めずに音楽を続けるんだ。馬鹿みたいと思うだろう。

だが、なんのために生きているか。


それを考えると、彼らは、たとえ最終的に失敗したとしても、それでも音楽をやめられないのである。



夢を諦めるけど収入もある安定した生活。
成功する保証もない、大観衆の前で演奏するという夢。


彼らは後者を選んだ。成功する保証なんてない。だが、これをやらずしてなんのために人生を生きているんだ
今しかない。


そう、、、、

ed3f4a4be2b1d8df44c4bcc5b4124a64_0.jpeg

今でしょ!!




肝心のドキュメンタリーの中身ですが。。。。

貧しい生活の中、
ギャラが出る欧州ツアーに出れることになった彼ら。
当然そのチャンスは逃さない。

いろんな人の前で演奏していれば、レコード会社に注目されるかもしれない。声がかかるかもしれない。

そんな想いで旅立ったツアー。




しかし、、、、、、



客がほとんどいないようなステージ。
ギャラも出ない。
1万人収容のステージで170人しか観客がいない。。。。。。


何週間もツアーに出ながら収穫は何もない。


しかし、諦めない。
以前一緒に仕事をした名プロデューサーに対してデモを送る。
そうしたら電話がかかって来て、「アルバムを作ろう」と言われる。


だが、金は200万円かかる。。。。。
当然彼らにそんな金があるわけがない。


でも、彼らの夢を応援しているリップスの姉が金を貸してくれることになる。



そして必死に作り上げたCD。いろんなレコード会社に送ったりするも、
「今の時代に合わない」と言われて相手にされない。。。。


200万円かけて作ったものが、誰にも相手にされないのである。


馬鹿みたいだ。本当に馬鹿みたいだ。



本当に悔しさでいっぱいだったと思う。


そんな中、一本の電話が日本からかかってくる。
なんと日本のフェス「LOUD PARK」に出ないか?という誘い。


そう、彼らが送ったテープはしっかりと人の耳に届いたのである



だが、日本に行ってみると、出番は一番最初で11:00。
キャパも広い、大会場。そんな中でまた少ない人数の前で演奏することになるのでと不安な想いでステージに向かう。。。。。








30年間想い続けた、大観衆の前で演奏するという夢が叶うのである






期せずして、BON JOVIやWHITESNAKE、Scorpionsと並んで演奏した日本。
30年間、これだけを夢見ていた。収入が少なかろうと、人に馬鹿にされようと。
大観衆の前で演奏するこの感覚。


それを叶えたのだ。

そんな彼らを誰が笑えるだろうか。



人生について考えさせられる名ドキュメンタリー。
音楽をやったことある人も、ない人も、おすすめです。




This Is Thirteen~夢を諦め切れない男たち~This Is Thirteen~夢を諦め切れない男たち~
(2009/10/21)
アンヴィル

商品詳細を見る

Metal on MetalMetal on Metal
(2003/12/16)
Anvil

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2013/05/02(木) 11:39:40 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yukikiki377.blog.fc2.com/tb.php/51-fc73de73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。